ガゼッタ

November 11, 2014

代表復帰

昨日、パルマ戦で2得点のテベス。ハーフェイライン手前から独走でスピードを落とさずにフィニッシュできるコンディションの良さ、雨の中にもかかわらず繊細なタッチができるテクニックはまさに圧巻でした。2点目もコンディションの良さが見えました。代表復帰が楽しみですね。

そして、もう一人サプライズ招集された輩がおりました。バロテッリです。コンテが代表監督になってから初招集ですね。コンテのような規律を重んじる監督がバロちゃんみたいな選手を招集するとはかなり意外です。それほど価値(可能性)のある選手ということです。24歳にしてW杯やユーロなどを経験しているのは攻撃陣ではあまりいないためですね。頑張って欲しいものです。やはりイタリアはバロちゃんをどう活かせるかが最大のポイントになります。強さ、上手さはズバ抜けてますので。しかし、ガゼッタはものすごく厳しい評価をしています。そこまで言うのかっていうくらい(笑)

Quando nessuno se l'aspettava piû: Mario Balotelli richiamaot in Nazionale.
(意訳:もう誰も期待してないのにバロテッリは再招集された。) 

Fuori dal campo resta un numero uno, sabato dopo la sconfitta con il Chelsea è stato in discoteca fino alle 4 e mezza del mattino.
(意訳:グロンドの外では常にNo1だ。土曜のチェルシー戦に負けた後、クラブに朝の4時までいた。)

相変わらず注目の的ですね。俺はいつでも期待しています。バロちゃんが代表で活躍した時が、カルチョ復活の時ですから。

おそらくバロちゃんの代わりに招集されるはずだったインシーニェが靭帯損傷で、復帰まで半年近くあかかりそうとのこと。今、かなり調子良かっただけに非常に残念です。靭帯損傷は本当に痛くて、復帰までも骨折並みにかかり、さらに復帰後も同じようにプレーできるかは定かではありません。本当に選手生命を脅かすケガなので、無事に戻ってくることを祈るばかりです。 

drecom_takah at 09:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 03, 2014

vs Palermo

さて、今晩のミランはパレルモ戦。どうなることでしょうか。ガゼッタの予想3トップは本田、トーレス、メネズ。エルシャラウィの波に乗れてない感が出てますね。スペースを潰された時にどのようなプレーができるか。まあトーレスとタイプが近いのも原因の一つでしょう。パレルモも引いて戦ってくると思われるので、しっかりと戦術を詰めるために大事な一戦でございます。常に進化。

昨日はローマーナポリの試合を見ていましたが、良い試合でしたね。ナポリは復活と言っていいのではないでしょうか。前線からのプレス、取った後の攻撃の展開、フィニッシュ、かなりよかったと思います。もっとナポリに点が入ってもおかしくはなかったですが、前節からの流れを考えると2-0で素晴らしいと言えるのではないでしょうか。インシーニェ、カジェホン、イグワインは強力ですね。そして、最後までよく走れる。試合のMVPはどう考えてもイグワイン(1G1A)ですが、チームのまとまりあってこそ。枠内に打たれたシュートは一本のみ。ホームでは無失点なのもうなずけます。 
この試合はローマで行われましたが、ローマのサポーターは入れず。5月にナポリのサポーターのチロさんがロマニスタに銃殺された影響です。少し異様な雰囲気ではありましたが、致し方ないですね。この事件は数週間イタリア中を賑わしました。ナポリの応援席にはこんな横断幕が

"Ogni parola è vana... Se occasione ci sarà non avremo pietà"

ちょっと意味がよくわかりません。。すみません。。
しかしチロさんのお母さんは気丈にもコメントを残しています。母は強しです。
「ローマとロマニスタは息子の死には何の関係もない。息子はテロリストに殺されたのだから。」

さて、気持ちを切り替えてパレルモ戦に臨みましょう。

Più facile allenare le gambe che la testa.
(頭より、足を鍛える方が容易い)
チーム再建を目指すミランにとって、コンセプトを共有することが一番のポイントですね。


drecom_takah at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 31, 2014

カピターノが帰ってくる!

さてガゼッタのウェブのトップニュースは、パッツォの奥様がインザーギ批判のインスタをしたとか、かなりどうでもいいことになっておりました。どうして関係ない人が出てきてニュースになってしまうの?と、常日頃から思います。まさにパッツァ。ガリアーニが直接電話をして、パッツォをなだめたみたいです。確かにプレーする時間はあまり与えられてないので、溜まるモノはあると思いますが、ミランからするとベンチに置いておくにはかなり都合いいのは間違いないです。器用ですし、何でも出来ますから。

さてもう一つ。こちらは明るい話題。ミランのカピターノことモントリーボさんが脛の骨折から完治したようです。長かった。イタリア代表にとっても痛かったですし、ミランにとっても、まあ本人が一番痛かったでしょうけど。これでミランの攻撃のバリエーションが増える可能性は大ですね。何よりボールを取ってからのカウンターの精度がかなり上がるはずです。これからリハビリなので、多少の時間がかかるとは思いますが、あとは本人次第なわけですね。いやでも期待しちゃいます。ti aspettiamo!!

Il Milan ritroverà a breve il suo capitano.
ミランは近々キャプテンを取り戻す。 

drecom_takah at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 28, 2014

Gazzetta dello sportのイタリア語2

さて、昨日のミランーフィオレンティーナの試合は少し寂しいものでした。やはりミラン再建への道はまだまだ遠いようです。やはり中盤の選手が足りません。誰か攻撃を組み立てられる人が必要。モントさん、早く帰ってきて。デ・ヨングはさすがで、ガットゥーゾを彷彿とさせる守備です。たまに器用なプレーをするところも似てるかなと思います。

本田さんに関しては、守備ではかなり貢献していたと思います。ボールの取りどころはしっかり抑えてる。しかし、攻撃ではやはり物足りなく、カウンター以外にもパターンを見つけて欲しい。そして、連携がまだまだですね。仲悪いんかな。。メネツはそろそろ終わりかな?って、思ってしまうくらい酷かった。師匠、早くセリエに慣れてください。

次の水曜はカリアリ戦なので、中二日ですね。厳しい。こんなんでまともにプレーできるはずないよな。僕はまだ土曜のサッカーの疲れが全くとれませんが。。。回復力っていうのも大事な要素ですね。

さて、今日ガゼッタはミランーフィオレンティーナ戦のLe Pagelle(通信簿)からの抜粋。
Abate 6.5:Inzaghi ha trasformato L'Abatino in Abatone.〜 
意訳(インザーギはAbatinoをAbatoneに変えてしまった。)

Abatinoは「司祭」という意味ですが、「チャラめの軟弱な男」という皮肉も含みます。そこから、Abatone(Abateの変形)「修道院長」に出世させてしまったわけです。インザーギはすごい!見事な駄洒落でございます。

Zapata 6:〜Peccato che a seguire incappi in qualche <<Zappata>>〜
意訳(不運なZappataが起きてしまったのは残念なことだ。)

Zappataとは「鋤でザクっ」とやる感じですね。失点のことを示してます。こちらも駄洒落でございました。

こっちではダジャレで思いっきり滑る感じもなければ、大爆笑になることもありません。多少の笑いが起きて終わることがほとんどです。もちろんレベルに因りますが。こういう笑いの文化の違いはとても困ります。口で生きている人間にとっては大問題。だからこそ精進しなければ。
 


drecom_takah at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)