バロテッリ

November 11, 2014

代表復帰

昨日、パルマ戦で2得点のテベス。ハーフェイライン手前から独走でスピードを落とさずにフィニッシュできるコンディションの良さ、雨の中にもかかわらず繊細なタッチができるテクニックはまさに圧巻でした。2点目もコンディションの良さが見えました。代表復帰が楽しみですね。

そして、もう一人サプライズ招集された輩がおりました。バロテッリです。コンテが代表監督になってから初招集ですね。コンテのような規律を重んじる監督がバロちゃんみたいな選手を招集するとはかなり意外です。それほど価値(可能性)のある選手ということです。24歳にしてW杯やユーロなどを経験しているのは攻撃陣ではあまりいないためですね。頑張って欲しいものです。やはりイタリアはバロちゃんをどう活かせるかが最大のポイントになります。強さ、上手さはズバ抜けてますので。しかし、ガゼッタはものすごく厳しい評価をしています。そこまで言うのかっていうくらい(笑)

Quando nessuno se l'aspettava piû: Mario Balotelli richiamaot in Nazionale.
(意訳:もう誰も期待してないのにバロテッリは再招集された。) 

Fuori dal campo resta un numero uno, sabato dopo la sconfitta con il Chelsea è stato in discoteca fino alle 4 e mezza del mattino.
(意訳:グロンドの外では常にNo1だ。土曜のチェルシー戦に負けた後、クラブに朝の4時までいた。)

相変わらず注目の的ですね。俺はいつでも期待しています。バロちゃんが代表で活躍した時が、カルチョ復活の時ですから。

おそらくバロちゃんの代わりに招集されるはずだったインシーニェが靭帯損傷で、復帰まで半年近くあかかりそうとのこと。今、かなり調子良かっただけに非常に残念です。靭帯損傷は本当に痛くて、復帰までも骨折並みにかかり、さらに復帰後も同じようにプレーできるかは定かではありません。本当に選手生命を脅かすケガなので、無事に戻ってくることを祈るばかりです。 

drecom_takah at 09:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 25, 2014

マリオ バロッテリと才能

マリオバロテッリがミランを去ることが決まった。イタリアNo1の才能をミランは活かすことができなかった。今のミランは残念過ぎる。バロッテッリのプレー態度(走らないor守らない)は時に批判を招くけれども、それに余あるモノを持っていることは間違いない。当然、チームメイトはそれなりの負担を強いられる必要があるけれど。イタリア国民の多くが彼に期待していたのは間違いない。2012年のユーロは彼無しでは準優勝はあり得なかったし、彼以上に器の大きいFWはイタリアにはいない。

2012-2013シーズンのミラノダービー(インテルホーム)を観に行った時に、スタジアム全体が彼の敵であり、「Mario Balotelli, figlio di puxxxxx.」(酷い悪口)の大合唱が永遠と続いていた。前にインテル所属していたからだと思われる。しかし、ミランには同じくインテルに所属していたパッツィーニもいたが、彼に対しては起こらなかった。イタリアのコンサバな面が見て取れると同時にスターである証明だ。

彼のやんちゃな言動が取り上げられる。しかし、才能=万能ではない。何か持っている人は他の人が持ってる何かを持ってなかったりするもの。そこに寛容になり、時に厳しく接することの線引きは非常に難しい。でも、彼は基本的にはいいやつ。以下の動画を見てもらえればわかる。


 

drecom_takah at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)