ミラノ

November 20, 2014

勝負に対する姿勢

本田は年末のミランーレアル戦には出場せず、代表合宿に参加することになったそうですね。どんだけ日本代表が心地良いんだよって、思ったら、日本サッカー協会側に召集権があるんですね。イタリアは代表試合が終わって、週末のダービーに向けて話が盛り上がっています。ミランは復活したエルシャラウィに期待が集まっています。そりゃそうだ。

さて今朝のネットの記事で「日本代表はクリンチを覚えるべき」という記事がありました。
https://newspicks.com/news/707959/?more=true

色々突っ込みどこが満載の記事だと思うのですが、それが著者の思うツボでしょうか。いつもこの人の記事はこんな感じ。
モハメドアリを例に出し、もはやよくわからない。。後半の17分で時間稼いでるチームなんてそもそも見たことないし、そんなことしているようじゃ、その後の試合も絶対に勝てない。

W杯優勝の目的意識が足りないと嘆いておられます。これに関しては少し共感できるのですが、ちょっと思うことが。

よく、欧米では練習ですら削り合うと言われます。これは表現を変えれば「勝ちたい気持ち」の表れです。そこらへんのおっさん達のサッカー、「ガチ」です。さすがにケガをさせるようなラフなプレーは見られないですが、味方同士で喧嘩したり、外した時のリアクションはプロ顔負けです。日本人なら「そんなマジになんなよ。。」です。でも、そういう文化なんです。勝負の時は「リアルガチ」が当たり前です。誰も笑ったりしない。別にサッカーだけじゃなく、バレーだって、バスケだってなんだってそう。そういう「文化」。 プロの試合ではそんな奴らがわざわざ金を払って、見に来る。殺気だって応援する。プロはそれに応えなければならない。そんな殺気だった雰囲気は特別ですし、メディアも相当の圧力も日本のそれと全然違う。

「勝つ」ために何をするか。「点を入れるため」にどうプレーをするか。その目的に向かって、全員がプレーします。そのためには強引なミドルシュートもある程度自分勝手なドリブルも許されたりします。その嗅覚を持って、結果を出し、上へのし上がってきた選手が、プロになり代表になる。「自分たちのサッカー」をするためでは決してないってことです。 

W杯などの大一番では、さらに集中力を増し、一発を「狙い」に行きます。だからこそのスーパープレーが生まれます。「自分たちのサッカー」を目指すと限界は決まってますし、勝ちに対してのアドリブ的感覚が失われます。 

大事なのは勝負に対する姿勢です。 

drecom_takah at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 19, 2014

2-1 オーストラリア戦。結局勝負するところはどこなのか??

今日は昼間に日本vsオーストラリア、夜はイタリアvsアルバニアの親善試合。なぜかメディアは「ザック流で勝利」との見出し。ヤフー見てるだけでも、メディアよりコメントしている人たちの方が見る目があるのが日本の現状ですね。フットボールチャンネルがそんなんだから、非常に残念であります。ザックは試合途中でフォーメーション変えたり、選手起用の決断もあそこまで早くない。形は4-2-3-1で同じかもしれませんが、内容は全く違います。評価すべきところだと思います。

しかし、問題は山積み。流れの中で酒井のクロスなど所々いいポイントもあったけど、バリエーションが非常に少ない。ポイントはどこで勝負したいのかが全くわからない。足元で止めて、周り見て、パスを出す。ペナ付近であそこまで回させてもらえるのはアジアまで。ダイレクトのプレーやワンツーがもっとあってもいい。しかし、一番足りないのはドリブルでの勝負。サイドで乾とかはできると思うんだけど、もっと仕掛けないと相手のDFは絶対に崩れない。全部中に入って、横に繋ぐかセンタリング。そこからのシュートもないし。攻撃陣はそこら辺のアイデアというか意思が全く感じられませんでした。

そして、香川か本田はどちらか一人でいい気がします。。。現状だと本田かな。ただ、サイドをスピードで勝負できないのは辛い。スピードもありつつ、しっかりキープできるサイドアタッカーを日本代表は募集中です。 

イタリアは中1日での二軍でしたが、非常に面白い試合でした。危ないシーンもありつつ、攻撃の意図はしっかりと伝わってくるし、もう少し完成度が上がればもっといいチームになるのがよくわかりました。おそらくこのメンツで試合をするのはほぼ初めてだったのではないでしょうか。 

drecom_takah at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 11, 2014

代表復帰

昨日、パルマ戦で2得点のテベス。ハーフェイライン手前から独走でスピードを落とさずにフィニッシュできるコンディションの良さ、雨の中にもかかわらず繊細なタッチができるテクニックはまさに圧巻でした。2点目もコンディションの良さが見えました。代表復帰が楽しみですね。

そして、もう一人サプライズ招集された輩がおりました。バロテッリです。コンテが代表監督になってから初招集ですね。コンテのような規律を重んじる監督がバロちゃんみたいな選手を招集するとはかなり意外です。それほど価値(可能性)のある選手ということです。24歳にしてW杯やユーロなどを経験しているのは攻撃陣ではあまりいないためですね。頑張って欲しいものです。やはりイタリアはバロちゃんをどう活かせるかが最大のポイントになります。強さ、上手さはズバ抜けてますので。しかし、ガゼッタはものすごく厳しい評価をしています。そこまで言うのかっていうくらい(笑)

Quando nessuno se l'aspettava piû: Mario Balotelli richiamaot in Nazionale.
(意訳:もう誰も期待してないのにバロテッリは再招集された。) 

Fuori dal campo resta un numero uno, sabato dopo la sconfitta con il Chelsea è stato in discoteca fino alle 4 e mezza del mattino.
(意訳:グロンドの外では常にNo1だ。土曜のチェルシー戦に負けた後、クラブに朝の4時までいた。)

相変わらず注目の的ですね。俺はいつでも期待しています。バロちゃんが代表で活躍した時が、カルチョ復活の時ですから。

おそらくバロちゃんの代わりに招集されるはずだったインシーニェが靭帯損傷で、復帰まで半年近くあかかりそうとのこと。今、かなり調子良かっただけに非常に残念です。靭帯損傷は本当に痛くて、復帰までも骨折並みにかかり、さらに復帰後も同じようにプレーできるかは定かではありません。本当に選手生命を脅かすケガなので、無事に戻ってくることを祈るばかりです。 

drecom_takah at 09:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 10, 2014

急降下

さて昨日の一戦から一夜明け、先ほどユーベがパルマに7-0で勝利というセリエでは極めて珍しい圧勝したようです。それにしてもユーベはもっとヨーロッパの舞台でしっかりしてくれ...

そして、本田の評価は厳しいものになりました。チーム最低タイ。結果が全ての厳しい世界、ライバルはイタリア、スペイン、フランスの代表クラスなので、そう簡単にはいかないですね。周りが徐々にリズムを取り戻し、本田が良いコンディションをキープできないとなるとベンチに閉じ込められることが容易に想像されます。特にエルシャラウィはイタリアのホープとなる得る存在なので、メディアや世論の扱いは違ってきます。

Honda ha perso la linealità, ha infarcito di ideogrammi il suo calcio e non riesce piû a tradurre i suoi movimenti in fatti concretti. Cosî El Shaarawy si conferma il miglior attaccante del mazzo.

(意訳:本田は(チームにおける)一貫性を失い、彼のサッカーの象形文字であふれ、自分の動きを具体的に表現することができなかった。よって、エルシャラウィがチームでベストなFWになった。)

一部分だけを取り上げたくはないのですが、こんな書き方もされちゃうくらいです。ただ活躍すればまた評価は一変するのがこの国のやり方。一喜一憂せずに頑張るのみでございますね。それより問題はDF陣。全く希望が持てないのはこちらではないでしょうか。。。

drecom_takah at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 09, 2014

ファラオーネ復活!

今日は3位と好調のサンプドリア戦でした。ミランの進歩は少しずつですが、確実に見られます。守備陣はとりあえず置いておいて...攻撃陣はかなりリズムよくボールを回せるようになってきました。裏へ抜ける動きも少しずつですが出てきてますし、ワンツーも見られましたね。結果は2-2引き分けで内容的にはかなり押されてましたが、歩を進めた一戦だったと思います。

エルシャラウィが622日ぶりにゴールを決めました。いや〜長かった。決めた後の喜びを噛み締めるようなガッツポーズは印象的です。これでミランの力を解放されてほしい。

しかし、本田はイマイチでしたね。コンディションが悪いんでしょうか?ロストのシーンも多く、攻撃に中々絡めない。パスがなかなか出てこなかったのもありますが、後半早々にトーレスに代えられて、リズムがすごく良くなりました。トーレスのうまさも際立ってたし、メネズはチームプレーをしてましたね。二人とも評価高いと思います。本田はこのままだとベンチに押し込められかなねないですね 。ここからがミランにとっても、本田にとっても正念場となってきますね。

一方でDF陣はヤバイ。かなりヤバイです。特にボネーラ(退場)メクセス、ラミはおじいさん同然でファール無しでは止められない状況が多くありました。経験で辛うじて守ってる感じですね。エッシェンも同様で、彼は前の分パスミスも目立ちました。モントリーボさん、早く完治してください。 

Rotto il digiuno, El Shaarawy ha chiuso gli occhi e si è inginocchiato ed è rimasto giù a lungo, come se non volesse risvegliarsi da un sogno. 
(意訳:断食を破った。エルシャラウィは目を閉じ、膝間付きしばらくじっとしていた。まるで夢から覚めたくなかったようだ)


messaggio al c.t. della Nazionale in tribuna a tre giorni dalla frecciatina ("Decida lui se essere un big"), convocazione in arrivo

 (意訳:3日後にメンバー発表がある代表監督からのメッセージ「ビックになるかどうかは彼自身が決めること」召集の声はすぐにかかるであろう。)

drecom_takah at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 07, 2014

本当に必要だったの??

昨日、ミランはSan Lorenzoというリベルタドーレス杯覇者とサンシーロで地味に戦ってました。不覚にも忘れてて、CL見てました。。その名もベルルスコーニ杯、観客わずか5000人、テレビ放映無し。勝ったみたいで何よりですが、再建への道は長い。

さて、今日はこんな記事の紹介。
corriere della seraの記事でございます。障害者のためのファッションショーです。足や手がなかったり、車椅子の人のためのファッションとは。
この記事のタイトルは

Alta moda per disabili Ma n'era davvero bisogno?
意訳:障害者のハイファッションは本当に必要だったの?

かなり厳しい感じで、まるで批判しているようなタイトルですが、本文を読むとさすがに違いました。Ftl Moda Loving You プロジェクトの代表のファブリツィオさんは17歳の時にプールの飛び込みで脊髄に損傷を負って車椅子での生活を強いられています。

障害者は普通(他に言い方がなくてあれなんですが...)の服のお店には入りづらい、逆に障害者用の服しかないお店なら、障害者しか入ってこない。優劣ではなく、違うものとしてモノづくりをしたいというのがキッカケだったそうです。

来年のNew YorkとMilanoのコレクションでさらに発表されるみたいので、注目ですね〜 

drecom_takah at 07:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 05, 2014

イタリアでは比較的言われない言葉

ユベントス、息詰まる試合でしたがちゃんと買ってくれました。かなりほっとしてます。セリエAだと好きになれないけど、ヨーロッパの舞台では応援してます。僕はそんな人間です、はい。やっぱりイタリアサッカーが負けるのを見るのは嫌みたいです。

さて昨日ミランの会見が行われたようで、本田とデヨングが出席していました。そこで本田君はこんな風に言ったそうです。文章は英語からイタリア語に訳された文章。

Abbiamo giocato bene a lungo- dice il giapponese -, ma nelle ultime partite non abbiamo creato grandi occasioni per vincere. Credo per due ragioni: la condizione fisica, perché siamo sottoposti ad un programma intenso di allenamento. E la grande attenzione che tutti hanno su di noi. Siamo all'inizio di un nuovo progetto. Sabato non sarà facile"


意訳:僕らはしばらくの間良いプレーをしてきた。しかし、ここ最近の試合では大きなチャンスを作ることができなかった。理由は二つあると思う。フィジカル コンディション、なぜなら厳しい練習を常にこなしているから。そして、みなが僕らに大きな期待を持っていること。僕らはまだ始動したばかりで、次の土曜日も簡単な試合にはならない。

このインタビューはすごく面白くて、本田のメディアに対する姿勢が日本のとちょっと違いますね。さすがに強気にはなれない。相手が変われば、言うことも言い方も変わるのは当然のことではありますが。面白いのはここからで、大きな期待=プレッシャーと、捉えられてしまっていて、かなり叩かれてます。「そんなのミランの選手なんだから当たり前」「いくら金貰ってんだよ」「プレッシャーを言い訳にしてんじゃねーよ」ヤフコメほどではありませんが、かなり厳しい風が吹いてます。たしかにプレッシャーって言葉はインタビューであまり聞いたことがない。一方でこんな意見もあります。
「他の国ではプレッシャーについて話すのは当たり前。その言葉で揚げ足を取るのはイタリアくらいだ」この人の意見は本田や選手が悪いわけではなく、チームに金がなくて、大した選手が獲れないんだからしょうがない。と、ある意味ちょっと寂しい擁護ではありましたが。。まあそれだけ期待されている証拠なんですけど、ミランの10番が本物として認められるにはまだまだ時間がかかりそうです。


drecom_takah at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 03, 2014

vs Palermo

さて、今晩のミランはパレルモ戦。どうなることでしょうか。ガゼッタの予想3トップは本田、トーレス、メネズ。エルシャラウィの波に乗れてない感が出てますね。スペースを潰された時にどのようなプレーができるか。まあトーレスとタイプが近いのも原因の一つでしょう。パレルモも引いて戦ってくると思われるので、しっかりと戦術を詰めるために大事な一戦でございます。常に進化。

昨日はローマーナポリの試合を見ていましたが、良い試合でしたね。ナポリは復活と言っていいのではないでしょうか。前線からのプレス、取った後の攻撃の展開、フィニッシュ、かなりよかったと思います。もっとナポリに点が入ってもおかしくはなかったですが、前節からの流れを考えると2-0で素晴らしいと言えるのではないでしょうか。インシーニェ、カジェホン、イグワインは強力ですね。そして、最後までよく走れる。試合のMVPはどう考えてもイグワイン(1G1A)ですが、チームのまとまりあってこそ。枠内に打たれたシュートは一本のみ。ホームでは無失点なのもうなずけます。 
この試合はローマで行われましたが、ローマのサポーターは入れず。5月にナポリのサポーターのチロさんがロマニスタに銃殺された影響です。少し異様な雰囲気ではありましたが、致し方ないですね。この事件は数週間イタリア中を賑わしました。ナポリの応援席にはこんな横断幕が

"Ogni parola è vana... Se occasione ci sarà non avremo pietà"

ちょっと意味がよくわかりません。。すみません。。
しかしチロさんのお母さんは気丈にもコメントを残しています。母は強しです。
「ローマとロマニスタは息子の死には何の関係もない。息子はテロリストに殺されたのだから。」

さて、気持ちを切り替えてパレルモ戦に臨みましょう。

Più facile allenare le gambe che la testa.
(頭より、足を鍛える方が容易い)
チーム再建を目指すミランにとって、コンセプトを共有することが一番のポイントですね。


drecom_takah at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 31, 2014

カピターノが帰ってくる!

さてガゼッタのウェブのトップニュースは、パッツォの奥様がインザーギ批判のインスタをしたとか、かなりどうでもいいことになっておりました。どうして関係ない人が出てきてニュースになってしまうの?と、常日頃から思います。まさにパッツァ。ガリアーニが直接電話をして、パッツォをなだめたみたいです。確かにプレーする時間はあまり与えられてないので、溜まるモノはあると思いますが、ミランからするとベンチに置いておくにはかなり都合いいのは間違いないです。器用ですし、何でも出来ますから。

さてもう一つ。こちらは明るい話題。ミランのカピターノことモントリーボさんが脛の骨折から完治したようです。長かった。イタリア代表にとっても痛かったですし、ミランにとっても、まあ本人が一番痛かったでしょうけど。これでミランの攻撃のバリエーションが増える可能性は大ですね。何よりボールを取ってからのカウンターの精度がかなり上がるはずです。これからリハビリなので、多少の時間がかかるとは思いますが、あとは本人次第なわけですね。いやでも期待しちゃいます。ti aspettiamo!!

Il Milan ritroverà a breve il suo capitano.
ミランは近々キャプテンを取り戻す。 

drecom_takah at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 28, 2014

Gazzetta dello sportのイタリア語2

さて、昨日のミランーフィオレンティーナの試合は少し寂しいものでした。やはりミラン再建への道はまだまだ遠いようです。やはり中盤の選手が足りません。誰か攻撃を組み立てられる人が必要。モントさん、早く帰ってきて。デ・ヨングはさすがで、ガットゥーゾを彷彿とさせる守備です。たまに器用なプレーをするところも似てるかなと思います。

本田さんに関しては、守備ではかなり貢献していたと思います。ボールの取りどころはしっかり抑えてる。しかし、攻撃ではやはり物足りなく、カウンター以外にもパターンを見つけて欲しい。そして、連携がまだまだですね。仲悪いんかな。。メネツはそろそろ終わりかな?って、思ってしまうくらい酷かった。師匠、早くセリエに慣れてください。

次の水曜はカリアリ戦なので、中二日ですね。厳しい。こんなんでまともにプレーできるはずないよな。僕はまだ土曜のサッカーの疲れが全くとれませんが。。。回復力っていうのも大事な要素ですね。

さて、今日ガゼッタはミランーフィオレンティーナ戦のLe Pagelle(通信簿)からの抜粋。
Abate 6.5:Inzaghi ha trasformato L'Abatino in Abatone.〜 
意訳(インザーギはAbatinoをAbatoneに変えてしまった。)

Abatinoは「司祭」という意味ですが、「チャラめの軟弱な男」という皮肉も含みます。そこから、Abatone(Abateの変形)「修道院長」に出世させてしまったわけです。インザーギはすごい!見事な駄洒落でございます。

Zapata 6:〜Peccato che a seguire incappi in qualche <<Zappata>>〜
意訳(不運なZappataが起きてしまったのは残念なことだ。)

Zappataとは「鋤でザクっ」とやる感じですね。失点のことを示してます。こちらも駄洒落でございました。

こっちではダジャレで思いっきり滑る感じもなければ、大爆笑になることもありません。多少の笑いが起きて終わることがほとんどです。もちろんレベルに因りますが。こういう笑いの文化の違いはとても困ります。口で生きている人間にとっては大問題。だからこそ精進しなければ。
 


drecom_takah at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)