日本代表

November 20, 2014

勝負に対する姿勢

本田は年末のミランーレアル戦には出場せず、代表合宿に参加することになったそうですね。どんだけ日本代表が心地良いんだよって、思ったら、日本サッカー協会側に召集権があるんですね。イタリアは代表試合が終わって、週末のダービーに向けて話が盛り上がっています。ミランは復活したエルシャラウィに期待が集まっています。そりゃそうだ。

さて今朝のネットの記事で「日本代表はクリンチを覚えるべき」という記事がありました。
https://newspicks.com/news/707959/?more=true

色々突っ込みどこが満載の記事だと思うのですが、それが著者の思うツボでしょうか。いつもこの人の記事はこんな感じ。
モハメドアリを例に出し、もはやよくわからない。。後半の17分で時間稼いでるチームなんてそもそも見たことないし、そんなことしているようじゃ、その後の試合も絶対に勝てない。

W杯優勝の目的意識が足りないと嘆いておられます。これに関しては少し共感できるのですが、ちょっと思うことが。

よく、欧米では練習ですら削り合うと言われます。これは表現を変えれば「勝ちたい気持ち」の表れです。そこらへんのおっさん達のサッカー、「ガチ」です。さすがにケガをさせるようなラフなプレーは見られないですが、味方同士で喧嘩したり、外した時のリアクションはプロ顔負けです。日本人なら「そんなマジになんなよ。。」です。でも、そういう文化なんです。勝負の時は「リアルガチ」が当たり前です。誰も笑ったりしない。別にサッカーだけじゃなく、バレーだって、バスケだってなんだってそう。そういう「文化」。 プロの試合ではそんな奴らがわざわざ金を払って、見に来る。殺気だって応援する。プロはそれに応えなければならない。そんな殺気だった雰囲気は特別ですし、メディアも相当の圧力も日本のそれと全然違う。

「勝つ」ために何をするか。「点を入れるため」にどうプレーをするか。その目的に向かって、全員がプレーします。そのためには強引なミドルシュートもある程度自分勝手なドリブルも許されたりします。その嗅覚を持って、結果を出し、上へのし上がってきた選手が、プロになり代表になる。「自分たちのサッカー」をするためでは決してないってことです。 

W杯などの大一番では、さらに集中力を増し、一発を「狙い」に行きます。だからこそのスーパープレーが生まれます。「自分たちのサッカー」を目指すと限界は決まってますし、勝ちに対してのアドリブ的感覚が失われます。 

大事なのは勝負に対する姿勢です。 

drecom_takah at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 19, 2014

2-1 オーストラリア戦。結局勝負するところはどこなのか??

今日は昼間に日本vsオーストラリア、夜はイタリアvsアルバニアの親善試合。なぜかメディアは「ザック流で勝利」との見出し。ヤフー見てるだけでも、メディアよりコメントしている人たちの方が見る目があるのが日本の現状ですね。フットボールチャンネルがそんなんだから、非常に残念であります。ザックは試合途中でフォーメーション変えたり、選手起用の決断もあそこまで早くない。形は4-2-3-1で同じかもしれませんが、内容は全く違います。評価すべきところだと思います。

しかし、問題は山積み。流れの中で酒井のクロスなど所々いいポイントもあったけど、バリエーションが非常に少ない。ポイントはどこで勝負したいのかが全くわからない。足元で止めて、周り見て、パスを出す。ペナ付近であそこまで回させてもらえるのはアジアまで。ダイレクトのプレーやワンツーがもっとあってもいい。しかし、一番足りないのはドリブルでの勝負。サイドで乾とかはできると思うんだけど、もっと仕掛けないと相手のDFは絶対に崩れない。全部中に入って、横に繋ぐかセンタリング。そこからのシュートもないし。攻撃陣はそこら辺のアイデアというか意思が全く感じられませんでした。

そして、香川か本田はどちらか一人でいい気がします。。。現状だと本田かな。ただ、サイドをスピードで勝負できないのは辛い。スピードもありつつ、しっかりキープできるサイドアタッカーを日本代表は募集中です。 

イタリアは中1日での二軍でしたが、非常に面白い試合でした。危ないシーンもありつつ、攻撃の意図はしっかりと伝わってくるし、もう少し完成度が上がればもっといいチームになるのがよくわかりました。おそらくこのメンツで試合をするのはほぼ初めてだったのではないでしょうか。 

drecom_takah at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)